離婚調停あるある

離婚調停の呼び出し状が届いた!

でも、離婚調停ってどんなもの??

離婚調停とは、あくまで話し合いで離婚するかどうか、離婚する際の条件等を話し合う場です。

当事者は、顔を合わせることは基本的にはなく、調停委員のいる調停室に代わる代わる入室し、相手方の主張を調停委員より伝え聞き、こちらの主張も調停委員に伝えます。

ということは、この「調停委員」が非常に重要になってきます。

調停委員が双方の主張を聞いて妥協点を見い出して、ある時は一方を説得し、またある時は他方を説得し、離婚が円満に(言葉はおかしいですが)解決することを目指して仲立ちをしていただかなくてはなりません。

でも、この調停委員、結構当たり外れがあるのもまた離婚調停です。

双方の言い分を相手に伝えるだけ、一方的に譲歩を求める、などなど、ただでさえ感情的な対立がある離婚調停なのに、さらにこじれてしまうこともたまにあります。

でも基本的に調停委員は選べません。

私は毎回、「いい調停委員、話の分かる調停委員に当たりますように」と祈りながら調停室に入ります。

離婚~きほんのき

よく離婚相談などで質問されるお話。

離婚でモメた場合、どういう流れで進むのでしょうか。
離婚のきほんの「き」です。

① 協議離婚 
まずは当事者同士で離婚条件等について話し合い、まとまれば離婚届けを役所に提出します。こ れで離婚は成立します。

② 調停離婚
当事者間の協議でまとまらない場合、いずれかから家庭裁判所に離婚調停を申し立てます。調停では、調停委員(たいてい男女ペアです)を介して相手方と離婚条件について話し合うことになります。この「調停委員」がくせ者なんですが、その話はまた後日…。調停期日を繰り返し、調停委員が双方の妥協点を探り、まとめていく、そういう手続きです。

③ 裁判離婚
調停でもまとまらない場合、最後は裁判離婚です、おおまかにいえば、裁判官に対して自分の考えを述べて、最後は裁判官が離婚できるかどうか、離婚条件はどういったものかを決める、そういう手続きです。

離婚でモメタ場合、おおまかな流れは以上の①~③の流れになります(細かく言えば、もっと複雑なんですが・・・)。

養育費のお話

まず最初のブログテーマは「養育費」にしてみました。

養育費」。この養育費を巡って争いになることは本当に多いです。
また養育費に関して誤った認識のまま離婚してしまう方も多いです。

その辺について、少しお話をしてみます。

養育費とは、離婚後、非親権者等の子どもを養育しない親が支払うものであり、その根拠は親の子どもに対する扶養義務です。

離婚の際に子どもがいる場合には、必ず決めておかなければならない重要な事項の一つです。

子どもが小さければ小さいほど、その養育費の受給期間が長くなり、総額も大きくなります。

しかし・・・

養育費は要らないから親権はほしい(親権は譲から養育費は支払わない)
面会も不要だから養育費は払わない

こういった約束をしてしまう ケースは結構あります。

大事なのは、養育費とは、子どもを養育する親にとって非常に重要で大きな収入源であること、そして決して非親権者と子どもとの面会の対価ではない、ということです。

養育費について曖昧にしてしまったり、なしにしてしまったり・・・そうして後々後悔してしまうことのないよう、慎重に検討する必要があります。

とはいえ、離婚の際にきちんと決めておかなくても、離婚後に決めることも可能です。
お悩みの方は、ぜひアイギスへご連絡ください。

離婚ブログをはじめました。

アイギス法律事務所 所属弁護士による離婚ブログをはじめました。

離婚、不貞行為、家庭内暴力、慰謝料、親権、養育費など様々なお悩みに関する内容を書き込みたいと思っております。

その他、離婚に関するお悩み相談は当事務所のお問合せフォームよりお気軽にご相談下さい。

今後とも当事務所を宜しくお願いいたします。